当選確率がかなり低く、当選者が出ない場合もあるロト。当選者が出ないことでキャリーオーバーの制度も用意されていて、1等当選者にはかなり高額の金額が付与されます。ロトの攻略方法があればこのロトの最高金額を手に入れることもできます。ジャンボ宝くじなどとは違い、ロトは自分で番号を選ぶことが可能です。そのため、「自分の勘を信じる」「神頼みをする」「運気を上げてみる」など、様々な方法で的中させようと努力をしている人たちがいます。しかし実際に予想をしている人は、どのような方法を用いているのでしょうか。ここでは、過去のデータを元にして分析する方法を紹介します。この記事を読めば、過去のデータを分析して、数字の出現の傾向や流れを意識して予想をすることが出来るようになります。

ロトの攻略方法の基本!過去の当選番号を分析せよ

ロトは当選金額が高額であり一攫千金の夢を見れる宝くじです。しかし、その当選にいたるまでの道のりはかなり長く細く、そして険しいです。一生買い続けたとしても当たる保証はありません。また、数多くのお金をつぎ込んだからといって、当選するものでもありません。実際に的中させた人もいるため、闇のある宝くじではなく確率は少なくても当てることはできるのです。それならば、何らかの予想を行い確率を下げて的中をさせたいというのが人間の性というものです。ロトの攻略の基本は過去の当選番号を分析することです。この記事では、過去の数字から読み取れる「流れ」を意識した予想方法を紹介します。この記事を読めば過去に出現した数字から流れの分析を行うことが出来るようになります。

ロトを攻略をするには数字の傾向や流れを把握するべき

数字を選択する場合には、その場を支配している「流れ」が存在しています。数字選択式のくじは専用の抽選機械「夢ロトくん」によって無作為に数字が選択されます。無作為に選ばれたボールに書かれた番号が当選番号になるわけですが、ここには人為的な操作が入り込む隙間はありません。しかし出現数字には何らかの「流れ」を見いだせることがあります。この「流れ」を読むことで、ロトを攻略出来る可能性があります。

麻雀界の伝説・桜井章一に学ぶ数字の「流れ」

伝説の雀士として有名になった人物として雀鬼桜井章一がいます。なんとこの人は運がかなりの割合を占めている麻雀という勝負の世界で無敗の男です。桜井章一は数字の並びから、場を支配する「流れ」を敏感に読み取りました。桜井章一さんは麻雀に限らず、スポーツ選手や文化人などあらゆる業界の人々からの信頼もありアドバイスをしています。最近ではサイバーエージェントの藤田晋さんとも交流があり、二人の対談を元にした書籍も販売していました。その書籍の名前は『運を支配する』。なんとも、怪しげではありますが、はっきりとした題名にすると潔いとも解釈できます。桜井章一には数々の名言があります。「自分の運を支配するのは神様でも他人でもありません。運の流れを作っていくのは自分なんだという気持ちを持つことです。運が悪ければそれを自覚して修正する努力を続ければよいのです」そう、自ら変えるんです。「時分で限界を作ることは可能性を捨てることである」どうですか?ロト自体の当選確率を知り、可能性を捨ててはいませんか?

数字の出現率には傾向や流れがある

ここからは具体的なロトの出現数字を元にした分析方法を解説します。基本的な考えか方は「流れ」や「偏り」です。どのような種類に属する数字が多く出現しているのかを把握しましょう。最もオーソドックスなカテゴリーは以下の通りです。
・偶数と奇数
・大きい数と小さい数
・飛び数字
・連続数字
・十の位の多さ

言葉を列挙しただけではわかりにくいかもしれません。ここからは細かく説明していきます。

偶数と奇数

ご存じの通り、数字には偶数と奇数の二通りの種類が存在しています。本来であれば、確率上偶数と奇数は半分ずつ出現するはずです。たとえば、ロト6の場合は01,02,03,04,05,06といったように偶数と奇数が3つずつ、つまり50%ずつ出ることになります。しかし、実際にロト6の履歴を見ていると偶数と奇数が半々で出ていることは少なくなっています。では実際の結果を見てみましょう。記念すべきロト6の第一回の結果は以下の通りです。02,08,10,13,27,30偶数が4つで奇数が2つだけになっています。数字の流れは決して計算通りにはならないのです。偶数の流れなのか、奇数の流れなのか、過去の履歴を見て予想してみましょう。

大きい数と小さい数

数字の大きさにも流れは存在しています。ロトは種類によって最大値が変わります。ここではロト6に関して検証しますが、ロト6の数字の最大値は43です。ここで、ちょうど22は中央に位置します。22よりも大きいか小さいかの流れを見ていきます。当然この場合も大きい数と小さい数が出る確率は同一となるはずです。たとえば先ほどのロト6の第一回の結果は02,08,10,13,27,30であり、22よりも大きな数は2つ、小さな数は4つとなっています。つまり小さな数が出現する流れがあると判断できるのです。数字を予想する場合は数字の大小の流れも読みましょう。

飛び数字

飛び数字も予想の一つの要素となります。飛び数字とは例えば01,03,05などのように一つ飛びの場合もありますし、01,05,09のように4つ飛びの時もあります。飛び数字は慣れてこないと見つけられない法則ですが、見つけると限りなく当選に近づくことが可能です。この記事を読んでいるあなたならこの法則も見つけられるようになるでしょう。

連続数字

連続数字もよく見かける出現番号です。説明するまでもないですが、数字が連続して出ることもよくあるパターンです。01,02,03など3つ連続になるのはかなり出現の確率の高いパターンです。このパターンが出た次の抽せんではあえて連続数字を狙ってみるのもよいでしょう。

十の位

ロトの番号は当然のことですが十の位と一の位に分かれています。意外と知られていませんが1から9は9個、10から19は10個、20から29は10こ30から39は10個、40から43は4個になっています。この割合で言えば10番台と20番台が最も出やすい数字になります。つまり、10番台と20番台を気持ち大目に選択しておけば、当選確率はあがるということいなるのです。

自分のひらめきは大切にすべき

桜井章一さんの名言を先ほど紹介しましたが、さらに他の名言も紹介しましょう。「慎重すぎると運は逃げていく」「平常心を失うと運を持っていかれる」つまり、あまり邪念が入ってしまうと判断をミスってしまうということです。そして、桜井章一さんは努力を惜しんではいけないという教えと共に、こんなことを言っています。「情報や知識に頼りすぎると判断が間違いを犯す確率は高くなるのです。考えれば考えるほど的を射る勘は鈍くなります」分析や思考を重ねて努力を惜しまず行った後、数字を決める時には自分自身の「ひらめき」を大事にしましょう。

ロトの攻略方法の基本のまとめ

ロトを攻略するためには過去のデータを参考に流れを把握することが大事です。データはすでに出ており、インターネット上にすべてアップされています。これらの情報を元に自分なりに流れを読み、予想を立てるのが大事です。この記事では桜井章一さんの名言を多く紹介しましたが、努力なしにロトの当選は得られません。ここで紹介した分析方法以外にも多くの方法が存在します。どの予想方法を選ぶか、という時点でロトの攻略は始まっています。

ここではおすすめの情報サイトを紹介します。いずれも検証後に優良な会社であることが認定できています。ご自身の投資にあった方を選びましょう。こちらのリンクから入れば、登録にお金はかかりません。

長期的な投資で、大きく稼ぐのであれば⇒ゴールドラッシュ

短期的、中期的に投資を行い少しづつコンスタントに収益を得たいのであれば⇒ミリオンホープ

ゴールドラッシュ

ミリオンホープ